重複排除 技術解説(6)重複排除技術の今後の展望

引き続き、ASCII.technologies 2011年1月号に寄稿した「重複排除技術が革新するストレージの世界」の第3章、今後の展望です。この記事で、転載は最後になります。 なお、重複排除技術の今後の展望に関しては、近いうちに、より詳しい展望記事を某紙に寄稿予…

重複排除 技術解説(5)重複排除を行う場所、重複排除の範囲

引き続き、ASCII.technologies 2011年1月号に寄稿した「重複排除技術が革新するストレージの世界」の第二章の技術解説です。今回は、「重複排除を行う場所」と「重複排除の範囲」です。

重複排除 技術解説(4)重複排除するタイミング − リアルタイムか後処理か

引き続き、ASCII.technologies 2011年1月号に寄稿した「重複排除技術が革新するストレージの世界」の第二章の技術解説です。今回は「重複の判定方法」です。 [2.3節 重複排除するタイミング − リアルタイムか後処理か 序文] 前節では重複判定の方式について…

重複排除 技術解説(3)重複の判定方法

引き続き、ASCII.technologies 2011年1月号に寄稿した「重複排除技術が革新するストレージの世界」の第二章の技術解説です。今回は「重複の判定方法」です。 [2.2節 重複の判定方法 序文] 今までの説明では重複排除の容量削減効果に主に焦点を合わせてきたが…

重複排除 技術解説(2)重複排除の単位

引き続き、ASCII.technologies 2011年1月号に寄稿した「重複排除技術が革新するストレージの世界」の第二章の技術解説です。まずは、「重複排除の単位」です。 [第2章 重複排除技術解説 序文] 重複排除のユーザメリットについてここまで説明してきた。本章で…

重複排除 技術解説(1)重複排除が注目を集める理由

ASCII.technologies 2011年1月号に寄稿した「重複排除技術が革新するストレージの世界」を、何本かのエントリに分けて公開させて頂きます。まずは、第一章「重複排除が注目を集める理由」です。第二章の技術解説、第三章の今後の展望に関しては、後日公開す…

2010年度の取材・寄稿・講演実績

Dellで働き始めて、一年と一ヶ月が経過しました。幸い、多くの取材、寄稿、講演依頼を頂き、いろいろな経験を積むことができました。今日はその内容をまとめてみようと思います。 取材 取材記事の多くは、プレス向けセミナーから生まれました。広報の方が、…

@ITでストレージ仮想化について連載しています

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、@ITにて「ストレージ仮想化の体系的理解」という連載を書いています。 ストレージ仮想化は最近注目を浴びているトレンドのひとつですが、技術的には古くからあるもので、色々な種類の技術が存在しています。そう…

ASCII.technologies 1月号に寄稿しました

特集4「重複排除技術が革新するストレージの世界」で、8ページ構成です。技術よりの雑誌なので、技術の解説に紙面を多く割いています。重複排除の技術の詳細を解説した日本語記事はあまり無かったので、技術者の方には恐らく面白く読んで頂けるのではないか…

転職後の5ヶ月を振り返る−講演活動等まとめてみました

転職以来、すっかりブログをご無沙汰してしまいました。 製品など学ばなければならないことが多くありましたし、一つ一つの仕事を慎重にこなしていましたので(最初の仕事の質はやはり大事ですので)、ブログを書く余裕がありませんでした。気がつけば転職か…

転職のお知らせ

私事で恐縮ですが、先日、転職をいたしました。新しいポジションは、Dellのストレージ製品ラインのエバンジェリスト/テクノロジストです。日本に帰国し、日本市場を担当いたします。

「どのような技術で重複排除をやっているか」を見ることはとても重要

前回のエントリでは、米国IT市場にて重複排除技術が急速に浸透しつつあることを説明しました。 本日のエントリでは、重複排除の技術面を少し紹介してみたいと思います。一口に重複排除と言っても様々な技術があり、その差異を知ることは重要なポイントの一つ…

米国で急速に進む重複排除技術の導入

重複排除(Deduplication)という技術をご存知でしょうか?重複排除という名前の通り、「データ内に存在するムダな重複部分を排除して一つにまとめてしまう」技術のことで、米国IT市場でいま最も注目度が高い技術の一つです。

起業家とビジネスプランを作ったときの話

今日は、前回のエントリ「アメリカで起業家を雇ったときの話」の続きです。起業家(EIR)を雇用した後は、ビジネスプラン作りに取り掛かりました。

アメリカで起業家を雇ったときの話

私は今まで4年半アメリカに滞在し、色々なことをやってきましたが、そのゴールはずっと同じでした。それは、米国で新しい事業を立ち上げるということです。今日のエントリでは、久しぶりに、この自分の体験について書いてみたいと思います。題材は、事業を…

起業の場所が、シリコンバレーから世界各地に移動しつつある?

Robert Scoble氏が、起業場所のトレンドについて、非常に興味深いブログを書いています。本日はこの記事を紹介してみたいと思います。 Scobleizer | Rackspace's Startup Liason Officer

有名アナリストファームが個人ブログ禁止令

従業員に、個人ブログで仕事に関する情報を発信することを許すかどうか―これは、なかなか難しい問題です。個人ブログを書くことを許せば、それだけブロゴスフィアに対する自社の影響力を強めることができますし、業界関係者とのネットワークも強化されます。…

Cloud Exchange (クラウド取引市場) というアイディア

最近、Cloud Exchange(クラウド取引市場)という、クラウドリソースを株や穀物の様にマーケットで売買するというアイディアが出てきて、ブログ等で議論になっています。本日は、このトピックを簡単に紹介してみたいと思います。

AsperaはiPhoneのデータ転送を劇的に改善するかも―3Gだと3倍、無線LANだと10-100倍の速度とのこと

先日、「AVATAR製作時、その超巨大データはどのように大陸間転送されたか?」で紹介したAspera社のfaspですが、本日、そのiPhone向け製品が発表になりました。iPhoneの体感速度を劇的に変える可能性がある面白い製品なので、今日はそれを紹介してみたいと思…

今後のジャーナリストに必要な能力は、マーケティングと被っている気がする

佐々木俊尚さんもつぶやかれていたようですが、MashableのThe Future Journalist: Thoughts from Two Generationsという記事が非常に面白かったので、気になったところを意訳してみました。 The Future Journalist Is… (今後のジャーナリストは…) multimedia…

ガートナーのソーシャルソフトウェアに関する5つの予測――2014年、e-mailに引導が渡される

ガートナーが先日、ソーシャルソフトウェアに関する5つの予測を発表しました。とても面白いので、今日はそれをご紹介したいと思います。

1月アクセスランキング & ページビュー

この1月から私はブログを本格的に書き始めたのですが、お蔭様で、1月は12000強のページビューを獲得することができました(by Google Analytics)。そのうち約半分は一位の記事から来ていますので、まぐれだったのだろうと思いますが、それでも嬉しいで…

クラウド・ハイプの先にあるもの

Oracleは先日、Sunのクラウド事業を中断すると表明しました(情報ソース)。Larry Ellison氏は前々から「クラウドはハイプだ」と言っていましたから、そのコメント通りの行動となりました。また、米国ESG社のアナリストであるSteve Duplessie氏は「Why the Clo…

日本人がMaybeと言ったらVery Difficult

アメリカ人の同僚と話していたら、日本人が「Maybe」と言ったら「Very Difficult」なんだよなあ、オレは最近わかったよ、と言います。??と思って聞いてみました。

アナリスト評価に一喜一憂する米国ベンダ

私は、米国でITインフラ製品を担当していますが、米国市場の特徴の一つに「アナリストの影響力が非常に強い」ということが挙げられます。そのため、米国市場のマーケティングチームにとっては、アナリスト・リレーションズ(アナリストとの関係管理)が非常…

発言しないと会議に呼ばれなくなるアメリカ

渡辺千賀さんのブログで、以下の話を見ました。 仕事のプロになりたかったら | On Off and Beyond 会議でわからないことがあったら、その場で必ず聞く。これは徹底して欲しいあるですよ。 私も、「わからないことがあったら必ず聞く」ということは非常に重要…

2010年クラウドバブル崩壊説について考えてみる

今朝、Twitterを見ていて気になったつぶやきがこちら。もうすぐクラウドのバブルが崩壊するぞ、というつぶやきです(発言者は米国ESGグループのアナリストです)。 @stevedupe: The Great Cloud Collapse is coming - just like the Silly SSP demise of a d…

人気エントリが生まれる際のTweetの増え方を分析してみた

先日、幸運にも、私のブログで一つ人気エントリが生まれました。AVATAR製作時、その超巨大データはどのように大陸間転送されたか? - Wataru’s Blog現時点で、167 Tweets、151 Bookmarks (Hatena) となっています。こんなにTweetして頂いたのは初めてで、嬉…

GoogleがMapReduce特許を取得。Googleは用途についてコメントせず

本日朝にWebを巡回していたら入ってきたニュースがこちら。 "USPTO Grants Google a Patent On MapReduce"何と、GoogleがMapReduceの特許を取得とのこと。MapReduceは、論文が発表され、更にオープンソースクローンであるHadoopが既に世に出ているので、この…

Storage Magazine Product of the Year - 多数のSSD製品がノミネート

先日、Storage magazineのプロダクト・オブ・ザ・イヤーのファイナリストが発表になりました。この賞はストレージ製品のトレンド把握によいので、ご紹介したいと思います。企業向けストレージ製品が対象でコンシューマー向けでは無いのでご注意ください。Ent…

競合他社からTwitterで突っ込みが入る時代に

近ごろ、企業のマーケティング担当者の多くはTwitterアカウントを持っていて、アナリストやプレス、そして顧客に情報発信をしています。Twitterは、優れた双方向コミュニケーション性などいろいろな長所を備えており、マーケティングツールとして今後も広が…

米国社員が匿名で選んだベスト50企業−アップル社員のジョブズ支持率は驚異の91%

Glassdoor.comというサイトを知っていますか?実際の社員たちから匿名で集めた、給与レンジや会社内情に関する情報を見ることができるサイトです。その名の通り、会社の内情をガラス張りにする、会社側にとっては脅威のサイトと言えるでしょう。

HPとMicrosoftの提携について考えてみる―なぜ業界は垂直統合へと向かうのか

HPとMicrosoftが大規模な提携を発表しましたね。(TechCrunch, Agile Catなど)提携の内容は各種メディアを参照頂くとして、ここではこの提携に関しての私なりの考察を少し述べさせて頂きたいと思います。

クラウドストレージを売る秘訣 「クラウドと言う名前を製品に付けるな」

本日は、クラウドストレージサービスビジネスを提供するまでのステップ(Steps to building a cloud storage services business) という記事をご紹介したいと思います。ステップは全部で5つあって、表題の件はStep 5に書かれています。

JTPAギークサロン12月講演資料―SSD、重複排除のトレンドを解説

JTPAの12月のギークサロンで講演させて頂いたのですが、そのときの資料を、今更ですがSlideShareにアップしました。 題は、ちょっと大袈裟で恥ずかしいのですが「次世代ストレージシステムを語る」です。 ストレージ業界で、いま最もホットな新技術として重…

Amazonクラウドへのファイル高速転送

昨日のAVATARのエントリでご紹介した、WAN越しにファイルを高速転送することができるAspera社のFASPですが、Amazonクラウド向けに使える製品「Aspera On-Demand for AWS」というのがあるようです。簡単に調べてみたので、以下、概要を書いてみます。FASPの性…

AVATAR製作時、その超巨大データはどのように大陸間転送されたか?

3D映画として現在大ヒットを飛ばしているAVATAR。私の周りでも凄く話題になっていて、IMAXを持つ映画館に近いうちに見に行きたいと思っています。本日は、AVATAR製作時に使われたITシステムの話を、ご紹介したいと思います。 34ラックという、驚きの超巨大シ…

WAN Optimization for Cloud Computing

WAN Optimization(WAN最適化)ベンダのRiverbedが、面白い製品を開発しています。通常、WAN最適化というのは、WANの両端にWAN最適化アプライアンスを置いて、その間でDeduplication、圧縮、キャッシング、プロトコル最適化などを行うことで、WANの使用量を減…

便利なLinkedIn: (1)ミーティング編

米国にあって日本には無い便利なものは色々あると思いますが、その一つがLinkedInの様なビジネスパーソン向けのSNSだと思います。シリコンバレーに来るまで私はLinkedInを使ったことがありませんでした。特に使う意義を感じなかったのです。しかし、使い始め…

緻密なビジネスプランを作るメリットとは

こちらで事業を企画した際に驚いたことの一つに、ビジネスプランをかなり緻密に作るということがあります。顧客の購買モデル、セールスマンのノルマ、マーケティング予算、サポート購入率、為替レートなどなど、事業を構成するあらゆる要素において、細やか…

米国で優秀なトップ人材を雇う利点とは: (3)業界関係者の注目度向上

マーケティング面の利点について今回は述べてみたいと思います。それは、業界関係者の自社への注目度を高めることができる、という点です。なぜ注目度を高めることができるのか?その理由は、優秀なトップ人材は業界関係者から動向を注目されているからです…

米国で優秀なトップ人材を雇う利点とは: (2)優秀な人材を素早く集められる

米国で優秀なトップ人材を雇うことの利点として次に挙げられるのが、「優秀な人材を素早く集められる」ということです。以前ブログに書いたように、最初に優秀な人材を集めるのは事業立上げの大きなポイントの一つなので、これは非常に大きなメリットになり…

米国で優秀なトップ人材を雇う利点とは: (1)大規模な成功を目指せる

渡辺千賀さんが「アメリカで事業を始めるシリーズ」をブログで連載されていますが、その第一回目のエントリにて、米国で優秀なトップを雇うことの重要性が力説されています。 「アメリカでの事業立ち上げでは、まずはスーパー優秀なトップを雇う」 というこ…

FCoEの現状での課題

FCoE (Fibre Channel over Ethernet) に対するストレージ各社の動きが活発になってきました。例えば、NetAppがFCoEネイティブ対応のアレイを8月に発表したり、EMCも2010年にClariionをFCoE対応させると発表したりしています。ただ、現在のFCoEには大きな制約…

Infiniband市場のリーダーは誰か?

IT Brand Pulseという調査会社がInfiniband市場で誰がリーダーなのかを問うサーベイを行ったところ、Infinibandアダプタでは91%がMellanoxと回答したそうです。物凄いマインドシェアですね。ほぼ独占市場と言えるでしょうか。なお、Infinibandスイッチでは66…

Cisco・EMC・VMwareが提携: Virtual Computing Environment (VCE) Coalition

先週、Cisco、EMC、VMwareの三社がVirtual Computing Environment (VCE)と呼ぶ提携を発表しました。Ciscoのブレードサーバ(UCS)とスイッチ(Nexus 1000V)、EMCのストレージ、VMwareのvSphereという各社のコンポーネントを合わせたパッケージ製品「Vblock」を…

研究者の不安 〜 藤原正彦「数学者の言葉では」より

学問と真面目に取組み始めた頃の青年には、三つの大きな不安があると思う。それらは、自分の能力に対する不安、自分のしていることの価値に対する不安、そして、自分の将来に関する不安である。 … これら三大不安が始末に悪いのは、それが自分の意地、見栄、…

実は誰でもリーダーになれる

「地位が無いからなんて言うのは単なる言い訳だ」 新規事業の企画をしているときに、上司に言われて印象に残っている言葉があります。「下からだってリーダーシップはとれる。地位が無いからリーダーになれないなんて言うのは単なる言い訳だ。」 私が事業部…

キャズムを超えて - Inside the Tornado

Geoffrey A. MooreのInside the Tornadoを再読しました。MooreはCrossing the Chasmで有名な方ですが、このInside the Tornadoはその続編にあたる本です。Crossing the Chasmはハイテクマーケティングにおいてバイブルのように扱われていますが、このInside …

米国市場でのアナリストの影響力について

顧客にメッセージを伝えるやり方には色々な方法があります。広告、展示会への出展、e-mail等…。その中で、最も効果的なものの一つにPublic Relations(以下PR)があります。新聞やニュースサイトなど、顧客が信頼しているメディアを通して自分たちのメッセー…