Brocadeが身売りか

Brocadeの買収話がかなり盛り上がっていますね。 発端はWall Street Journalの記事でした。日経の翻訳記事を載せておきます。 日本経済新聞 同筋によると、米ヒューレット・パッカード(HP)(NYSE:HPQ)など複数の企業がブロケード買収を検討しており、米オラク…

「ITにはもはや研究部門は必要ないかもしれない」

ある大企業のシニアマネジメントの方と話しているときに出てきた言葉で印象に残っているものが、「ITにはもはや研究部門は必要ないかもしれない」という言葉です。 IT業界の技術革新は非常に早く、どれだけ早く市場に投入できるかが事業の命運を決める場合が…

成長を前提としてシニアメンバから雇用する

今まで、ストレージに関するトピックばかりを本ブログでは取り上げてきましたが、米国で新事業の立上げを行ってきて感じたことも少しずつ取り上げていきたいと思います。 今日は、組織の立上げについて少し書いてみたいと思います。

プライマリストレージの重複排除(2)

米Exarが2009年に買収した米Hifnの「BitWackr」を使った製品が日本で発表されました。 ニュース - プライマリ利用も可能な重複排除ストレージ、ベル・データが10月販売:ITpro アクセラレータ・カードとして,米Exarが2009年に買収した米Hifnの「BitWackr」…

SSD/HDDのハイブリッドRAIDカード

AdaptecがSSD/HDDをハイブリッドで使えるRAIDカードを発表しました。 SSDは透過的に組み込まれ、OSからハイブリッドストレージプールとして見えるところが面白いです。ユーザがSSDとHDDをどう使い分けるかを考える必要は無く、RAIDカードがSSDをキャッシュと…

小池良次氏のJTPAクラウドセミナーのレポート

JTPAのセミナー「小池良次氏とクラウド(騒動)について語る」--書籍「クラウド」にまつわる四方山話--に参加してきました。以下、レポートです。

Private Cloud と Internal Cloud の違い

先日、VMwareのConsultantであるGreg Lato氏のプレゼンを聞いてきました。そこで彼が使っていたPrivate Cloudの定義が興味深かったので紹介します。

Infiniband市場動向

下記ページによると、InfinibandのQ1CY09のマーケットシェアは以下の状況とのことです。

NetApp's Cloud Strategy

テックバイザージェイピーの栗原さんが、NetAppのクラウド戦略をブログで解説されています。日本語のブログでストレージ企業の戦略が解説されることは(私の知る限り)非常に稀なので、嬉しくなって反応してみます。

HPのスケールアウト型NAS ExDS9100

今日は、HPのスケールアウト型NAS、ExDS9100を取り上げてみます。

Virtual I/Oとは

Virtual I/Oとは、HBAやNIC等のI/Oデバイスを複数のホストから共有することを可能にする技術のことです。I/OデバイスはI/O仮想化装置に集約され、I/O仮想化装置とホスト間はInfinibandのような性能/コスト効率のよいネットワークで接続するというやり方にな…

Data Domainを巡る争い

先日お伝えした「NetAppによるData Domain買収」ですが、あれから、EMCがNetAppを上回る好条件で買収を提案、それに対してNetAppがEMCとほぼ同額の修正買収案を出す、という大きな動きが二つありました。Data DomainとNetAppは、Data DomainがNetAppの修正案…

FCoEがメインストリームになる日

FCの後継としてFCoE (Fibre Channel over Ethernet)が提案されています。今日はFCoEに関する記事を紹介したいと思います。

NetApp、Data Domainの買収を発表

この不況下に、$1.5Bもの値段で、NetAppがData Domainの買収を発表しました。 Data Domainは重複排除(data deduplication)機能を搭載したストレージ製品で業界トップと目されている企業です。2007年にはIPOにも成功し、その動向はずっと注目されてきましたが…

OracleがVirtual Ironを買収

先週、Oracleの仮想化ソフトウェアへの動きに注目です、と書いたら、OracleがVirtual Ironを買収したとのニュースが入ってきました。

Oracle RAC on VMware

Oracle RDBMSがVMwareをサポートしていないことを不満に思っているEMC/VMware陣営が、Oracleに対してBlogで攻勢をかけてきています。

プライマリストレージの重複排除: NetAppとOcarina Networks

最近、重複排除技術が非常に注目を浴びています。重複排除技術を使うと容量の使用量を大きく減らすことができ、コスト削減につながるためです。 現在、重複排除技術は、バックアップやアーカイブなどのセカンダリストレージに対して主に適用されています。バ…

Storage Outlook ’08: Vendor New Year’s Resolutions

Storage Outlook '08: Storage vendors' New Year's resolutionsストレージ主要ベンダの動き。以下、簡単にまとめてみます。 HP ミッドレンジFCストレージのセットアップを簡単にすることでiSCSIには対抗できる。 iSCSI and storage virtualization are over…

Database Protection Turns a Corner

Active-targetという、直接バックアップストレージからデータを読ませられる機能が注目を浴びてきています。以下、それについてまとめられた記事を簡単に要約して見ます。 http://www.byteandswitch.com/document.asp?doc_id=140753&WT.svl=tease3通常、DBの…

リモートのリストア完了までの時間保証

http://www.byteandswitch.com/document.asp?doc_id=121206 リモートのデータバックアップサービスにおいて、リストア完了までの時間を保証、もしくは明記したものがいくつか出始めてきています。 AmeriVault, Mobile Vault: on-line restoreが現実的ではな…

Byte and Switch恒例、Top 10 Storage Startups

Byte and Switch恒例のTop 10 Storage Startupsです。 http://www.byteandswitch.com/document.asp?doc_id=118998&WT.svl=tease1 順に見ていきます。 Akorri: Applicationから見た性能や容量管理を行うための管理softwareを開発。databases, email, file sys…

Amazon S3を使ったバックアップとファイルシステム

Amazon S3を使った面白いツールを開発している企業を発見。Openfount http://openfount.com/blog/ InfoMirror http://www.openfount.com/blog/infomirror-description S3へのbackup/replicationを行うためのInterface 無料というのがすごい。(S3には当然お金…

Zmanda: オープンソースのバックアップソフトウェア

問い合わせ回数制限なし のサブスクリプションで(LV2)、サーバライセンスがたったの$250です。ただ、クライアントも一台$250ですけれども。http://www.zmanda.com/pricing.html アンケートによると、もう5年以上使っているユーザも結構いるとのことです。h…

GoogleがHDD障害を分析

GoogleがHDD障害の分析レポートを出しました: Failure Trends in a Large Disk Drive Population http://216.239.37.132/papers/disk_failures.pdf ATAを対象として、10万個(!)以上のHDDを使った結果とのことです。 More than one hundred thousand disk dri…

データウェアハウス用アプライアンス

http://www.byteandswitch.com/document.asp?doc_id=116900 GreenplumというDatabase softwareのベンチャーが、SUNと組んでDWH(Data Warehouse)用アプライアンスを作ったというニュース。 GreenplumのDBは、Oracle等と違って、Shared nothingというDWHに向い…

Symantec adds reporting to backup software

http://searchstorage.techtarget.com/originalContent/0,289142,sid5_gci1241268,00.html?track=sy60 Symantecもバックアップレポーティングのためのソフトを出しましたよ、という記事。 バックアップレポーティングというのは、 最近WizDMやBocadaなどのベ…

Virtualization: Hot and getting hotter

Email will go to the archives

Cisco and Microsoft will intensify their battle for remote control

Backup buzzwords will be gone

SRM will grow, but not "federate"

ベンチャーによりSRMの機能が拡大している。チェンジ・マネジメントを得意とするOnaro、 キャパシティプランニングを得意とするMonoSphere、データプロテクション管理を得意とするWySDM、等である。 ただし、CMDB(configuration anagement database)等を通し…

Data protection will become a focal point for storage networking

データプロテクション分野がホットになってきている。 ここでは、バックアップやレプリケーションなどのデータ冗長化のほかに、セキュリティなども含んで「データプロテクション」と言っている。 確かに、CDP、De-dup、暗号化など、この分野の近年の技術革新…

Services will surge

一度死んだSSP(storage service provider)に復活の兆し。 SSPは前回SANを中心にサービス化しようとして失敗した。SANは性能が求められるので、アプリケーションと密接した連携が求められる。サービスとして切り出しにくかったのではないか。 新しい世代のSSP…

Data classification and search tools will proliferate.

データの分類・検索ツールが使われるようになってくるという予測。個人的には、この領域はまだ使い方が明確になっていないし、プレイヤーもベンチャー主導で大企業は本腰を入れていないと感じており、まだ2007年度中にはメインストリームに入ってこないと考…

Storage will grow its own HPC segment.

HPC向けのストレージ製品の市場ができてくるという予測。HPC領域で特殊なストレージシステムを作成する場合には今までは専用のソフトウェアを作成する場合が多かったと思うが、多くのHPC環境においてデータ量が増大しstorageの重要性が増すにつれて、HPC向け…

B&S Storage Prediction for 2007 (1)

毎年恒例のB&Sによる予測が出ている。

リムーバブルHDDによる災害対策

3.5inch HDDをリムーバブルHDDとして使うバックアップアプライアンスが登場。ポジショニングとしては、まず(1)Replicationより低コストで、TapeよりRestoreが早いDRシステムが挙げられるか。ただ、De-dupやWAFS等のReplicationを低コスト化するアプローチの…