読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Byte and Switch恒例、Top 10 Storage Startups

Byte and Switch恒例のTop 10 Storage Startupsです。
http://www.byteandswitch.com/document.asp?doc_id=118998&WT.svl=tease1
順に見ていきます。

  • Akorri: Applicationから見た性能や容量管理を行うための管理softwareを開発。databases, email, file systems, streaming, そしてvirtualized environments等への最適化が行えるようになっている。
  • Blade Network Technologies: Blade向けの高密度・cable-lessのnetwork componentを開発。
  • Cleversafe: 地理的に分散したServer/StorageをRAIDのような形でまとめて使うためのStorage Middlewareを開発。現在、11箇所のiDCが登録されていて、今後数が増えるらしい。ほとんどの部分をopen sourceとして公開しているようである。どういうbusiness modelにするのかな?
  • Grid-X: 100G-EtherのTOEを開発。来年には使えるものが出てくるらしい。
  • InPhase: holographic storageを開発。Blu-Rayの20倍の密度を達成するとのこと(400GB per square inch)。今年末に50社に製品levelのdriveを供給するそうだ。
  • Lucid8: ExchangeのCDPとe-mail archiveを開発。既に900社の顧客を持つ。競合のXOsoftは$100MでCAに売れた。
  • Moonwalk: P2P型で(司令塔をもたないやり方で)fileのcopy/move/migrate等を行うsoftwareを開発。競合はArkivioやCaminoSoft。Australiaの会社。ここ数ヶ月で、Caringo, EMC, HP, Microsoft, Novell, Sunと公式なpartnershipを締結。誰かやり手のBizDevがいるのかな?
  • Postpath: Exchange cloneを開発。Exchange 2007は64bitOSじゃないと動かない上に16GBものRAMが必要らしいが、それよりもずっとreasonableなsolutionを提供できるとのこと。
  • Solix: Database用のarchive softwareを開発。HPに買収されたOuterbayを競合製品として挙げている。Archiveは非定型dataが騒がれ続けているが、実は定型dataの方はまだ立ち上がっていないとのこと。
  • Storewiz: Primary Storageの前面にくっつけると、そこでon-the-flyで圧縮してくれるというappliance。日本でも既にresellされている。

Asiaの会社も、そのうちここに載る様になってみたいものです。