読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FCoEの現状での課題

技術

FCoE (Fibre Channel over Ethernet) に対するストレージ各社の動きが活発になってきました。例えば、NetAppがFCoEネイティブ対応のアレイを8月に発表したり、EMCも2010年にClariionをFCoE対応させると発表したりしています。

ただ、現在のFCoEには大きな制約がいくつもあるという話を聞きます。そこで、FCoEの現状での課題を簡単に調べて整理してみました。

SearchStorageWikibonにてFCoEの現状の問題点が指摘されており、以下では、そこから三つを抜き出しています。

1. コアスイッチがFCoEをまだサポートしていない

現在FCoEをサポートしているのはCisco Nexus 5000 SeriesやBrocade 8000のようなtop-of-rack switchであり、Cisco Nexus 7000の様なコアスイッチはFCoEをサポートしていません。top-of-rackからだけの接続では、顧客へのアピール力がやはり弱いです。

Miniman said EMC has been in no rush to support FCoE in its storage, since the top-of-rack switch-to-storage approach holds little appeal to customers. "Most customers want to have some aggregation typically through a director before they get to the storage, and I can't do that natively with FCoE today," he said.

2. スイッチ間接続ができない

現在、複数のFCoEフォワーダー(スイッチ)を接続する標準がまだ確立されていないため、スイッチ間接続ができないようです。

Plus, the standards that will enable FCoE between multiple FCoE Forwarder (FCF) switches are in development, so users also currently are not able to go from one top-of-rack switch to another top-of-rack switch with FCoE traffic, Miniman noted. "I can't cascade them," he said. "I can only go to one switch and then from that switch, I have to switch over to Fibre Channel."

Ciscoだけは、Nexus 4000からNexus 5000へのマルチホップを許すなど、自社スイッチのある特定の組合せの際のみスイッチ間接続をサポートしているようです。ただ、まだまだ限定的です。

3. マルチパス接続ができない

Ethernetではスパニングツリープロトコルが働いて冗長パスを打ち消してしまうため、マルチパス接続が通常はできません。そのため、FCoEでは(CEEでは)、TRILL (Transparent Interconnection of Lots of Links) というマルチパス接続を行うプロトコルが提案されていますが、まだ標準化が完了していません。

# No Multipath – Since Ethernet is a Layer 2 protocol, it is not routable, but the IETF is working on it with a specification called TRILL (Transparent Interconnection of Lots of Links). TRILL will provide a solution for shortest-path frame routing in multi-hop CEE networks with arbitrary topologies. TRILL closely resembles Cisco’s L2MP (Layer 2 Multipathing) protocol. Solutions will be able to have multipathing only after TRILL is fully approved and implemented in products. The result is less than optimal resource utilization and no load balancing.